伝統の衣装を着用|自分の魅力を最大限まで引き立たせる

気をつける

和の婚礼衣装を身に着けよう

 結婚式というと純白のウェディングドレスというイメージがありますが、最近では日本人ならではの衣装である和装で式を挙げるカップルが増えています。和装での結婚式というと、従来は白無垢や色打掛に角隠し、もしくは綿帽子といった装いが一般的でしたが、現在では和装に洋髪を合わせることが多く、今までの着物に加え、オーガンジーでできた色打掛やレース素材に刺繍を施した綿帽子など、種類も様々です。和装をしたいカップルのためのレンタル衣装プランも豊富で、ウェディングドレスを選ぶのと同じぐらい気軽な気持ちでレンタルすることができるようになりました。  ご年配のゲストの方々にも喜ばれる和装姿、是非結婚式に取り入れてみてはいかがれしょうか。

和装をする時の注意点

 和装で結婚式を挙げる際の注意点には、どのようなものがあるのでしょうか。  まず、一般的にドレスよりもレンタル料金が高くなります。着付けにも専門の技術が必要になり、ドレスよりも人数が必要になるため着付け代が別に設定される場合があります。レンタルプランにどこまでが含まれるのか、よくチェックしておきましょう。  次に、お色直しで和装にする場合、カラードレスよりも着替えに時間がかかります。花嫁の中座時間が長くなりますので、新郎よりも先に退場したり映像を流したり、場を持たせる演出を考えておきましょう。  最後に、普段から着物を着慣れている女性はいいのですが、着慣れない人は着くずれしやすく振る舞いにも注意が必要です。歩幅は小さく取り、少し内股にして歩くとよいでしょう。椅子に座る時には浅めに腰掛けるようにしてください。トイレの方法や着くずれの簡単な直し方など、いざという時のために確認しておきましょう。  これらのポイントを押さえ、素敵な結婚式にしてくださいね。